SLAMDUNKのコミックスで英語を勉強する企画の第7弾。

27巻の日本語と英語のコミックスの見比べです。
2016-01-29-08-41-50

湘北対山王工業。
後半開始早々、山王のゾーンプレスに苦しめられる湘北。

しかし、ようやく突破口が見え始めて・・・。

日本語と英語でSLAMDUNKのセリフを見てみよう

1.Even if they lost now, I'd take Akagi.
(ここで負けても赤木は獲るぞ)

大学チームのスカウトからベスト8以上を求められているゴリ。
「even if ~」は「たとえ~でも」という仮定の表現です。
theyが指しているのは湘北のことですね。

2.MASASHI KAWATA'S IN A WHOLE NEW LEAGUE...!!
(河田雅史は住む世界が違う・・・!!)

圧倒的なテクニックとパワーを持ち合わせる山王のセンター河田雅史。
「in a whole new league(全く新しいリーグにいる)」=「住む世界が違う」となっています。

3.PAYBACK TIME!!
(追い上げだーっ!!)

山王がゾーンプレスをやめたので、反撃開始を期待する桜木軍団。
payback timeは回収期間といった意味。
「追い上げ=奪われた分の点を取り戻す」というわけですね。

4.HE KNOWS MY MOVES.
(読んでる)

河田はゴリの動きに反応し対応してきます。
「彼は私の動きを知っている=動きを読んでいる」ということですね。

5.Akagi's never been shut down like that before...!!
(大黒柱・赤木がかつてこれほど抑えられたことはなかった・・・!!)

河田に抑え込まれるゴリ。
neverは「いまだかつて~ない」「一度も~ない」。
neverがあると否定の文になります。

6.It's pouring.
(どしゃぶりじゃないか)

山王の勝利を確信し、試合途中で帰途につく名崩工業。
pouringは、厳密には「pouring rain」。
「どしゃぶりの雨」を意味します。

7.DUMBASS!!
(このバカタレ!!)

ファウルをしてしまった流川に花道が一言。
「dumbass」は「バカ」「アホ」「間抜け」といった意味のスラングです。

8.THAT WAS SO OBVIOUS!!
(モロダブルドリブルじゃねーか!!)

テンパってダブルドリブルをしてしまった花道。
「obvious」は「(疑いの余地がないくらい)明らかな」という意味。
「that」は花道が犯したダブルドリブルという行為を指し、「今のプレイがダブルドリブルであることは明らかだった」というニュアンスになっています。

9.If that's your idea of a joke, you're dead.
(てめえ・・・ふざけてんだったらぶっ殺す)

花道のダブルドリブルにツッコむ流川。
直訳すると、「もし、あれ(ダブルドリブル)がお前のジョークだったら、お前は死んでるぞ」といった感じです。

10.BIG AND BRILLIANT.
(大っきくてウマいんです)

河田の特徴を一言で表現した記者中村。
「brillant」は宝石などが「光り輝く」といった意味でよく使われますが、「技術的に素晴らしい」ことを表す時にも使われます。


山王工業のセンター河田雅史。
花道は彼のことを「丸ゴリ」と言っています。

「丸ゴリ」が英語版ではどうなっていたかというと・・・

・・・GORI 2 となっていました。

ちなみに赤木の「ゴリ」は「GORI」となっているので、ゴリがバージョンアップした感じですね(笑)